海外の紙幣

最近の日本の同行としては株式市場は大きく飛躍している様相を見せており、市場としてはとても活気に溢れている点と、海外からの投資マネーが流入してきているのでどんどんと外国人投資家が参加し始め注目を集めています。
その理由としては、日本政府が緩やかなインフレーションを目指して、消費者物価指数を毎年上昇させようという動きを見せており、日本円が海外から見たときに相対的に価値が下がってきており、円安の動きを見せています。
このため、海外から日本円を売ろうとする動きが活発になってきており、多くの要因から円が売られるようになってきました。

このような状況においては円安により日本は輸出企業がメインで日経平均株価が構成されているため、企業の業績は良好となっており、より多くの株式市場が良い方向に向かっています。
逆に海外の株式市場においては日本からの輸入品目におされて国内での需要がどんどん日本よりになってくるため、国内企業の業績がのびないような株式市場になっています。

このため、日本の市場においてはこれからもどんどんと需要が高まってくるためより多くの企業が利益をあげられるようになる点と、逆に、海外の企業においてはより多くの企業が利益をあげるのに苦しんでいく点を踏まえてこれからの市場の動きについてしっかりと模索し、検討していく必要があります。

もっと知りたい税のこと

さらには、日本の市場においてはこれからもどんどんとのびていく要素としては、日本政府が国内企業の業績を後押しするように、法人税に関しては減税しようという動きになってきています。
このような状況においては、日本の企業にとっては税金分の負担が減ってくるため、より良い環境で企業活動ができるため、より業績が良好になっていきます。