個人投資家が注意する株式投資のリスク

株式投資で利益を出せない個人投資家は気付かずに損失リスクが高い運用方法を行っていることがあります。
そのような運用方法を行わないだけでも、損失リスクは大きく軽減されます。

株価が下がれば買い増す運用方法があります。
一回で購入するよりは分散され、リスクが少ないように感じられますが、保有株数が多くなれば、株価が下がり続けると損失額が大きくなります。
運用方法としては悪くないのですが、下落率が10%超えたら買い増すというルールをつくって運用することが重要です。

投資のための資金を確保をして、株を売却して現金が入ると、現金を保有しても利益にならないから、すぐに新しい株を購入することもリスクがあります。
購入したい時に割安感のある銘柄があれば良いですが、割高感のある銘柄を購入しても利益になる可能性は低くなります。
売却益を得た日は、全体的に株価が上がっていることが多いので、全体的に下がる日まで待つことが重要です。

株価の一日の変動が大きい銘柄は、一日で利益を得ることができるので、そのような銘柄を選び運用するのもリスクはあります。
一日の変動が大きい銘柄は主に出来高が高い銘柄です。
買い手と売り手が違った思惑で取引して、拮抗しているときは、短期的な売買で利益を得ることができますが、いつも拮抗するとは限りません。
いずれ、買い手か売り手のどちらかが多くなり、急上昇や急下落をすることがあります。
その時に利益になる方に動いてくれれば良いですが、損失になる方に動くと、短期的な売買で貯めてきた利益以上の損失になる可能性もあります。

銘柄を選ぶ際には短期的に利益を得ようと考えずに、長期的な視点で銘柄を選ぶ方がリスクは軽減されます。