株とマイナス金利の関係性

沢山のお金マーク

日本では2016年1月末にマイナス金利を導入することが発表されています。
マイナス金利が発表された直後には株式が買われる動きが出ました。
しかし、その後は株式が売られる流れが起こっています。
金融政策としてマイナス金利を導入したことが、金融政策の限界が現れてきている証しではないかと市場では受け止められる動きがありました。
しかし、マイナス金利を導入することで、マイナスになる業界とプラスになる業界が出てくると見られています。

マイナスになる業界としては、銀行が挙げられます。
これまでに銀行では主に国債を購入することで、利ざやを稼ぐことが行わていました。
しかし、マイナス金利の導入によって国債の利回りが低下して、国債の購入による運用ができなくなります。

また、各種の貸し出し金利も低くなってしまうために、スプレッドが低下してしまう恐れが出ています。
その結果として、銀行の収益が減ってしまうことが予想されています。
そのような環境から、銀行株は全般的に軟調となる地合いが生まれています。
今後もマイナス金利幅の拡大があり得ることから、銀行株は長期の停滞もやむを得ない面が出ています。

次にマイナス金利の導入でプラスになる業界としては、不動産が挙げられます。
不動産の運営会社では銀行から融資が受けやすくなり、新規の物件への投資がしやすくなってきます。
また、個人向けの住宅ローンが組みやすくなることから、新築住宅などの建築が盛んになっていく可能性が出ています。
そのため、不動産関連株は今後は買われていく期待が出ています。

さらにマイナス金利は設備投資を行う製造業などにはプラスに働く面があります。
しかし、まだ企業の設備投資は活発となっていないため、今後の株価にどう反映されるかは未知数となっています。