株には税金がかかるの?

税務署

株は売買をすることによって生じた利益に応じて、税金が発生することになってきます。
株の税金では、まず配当に対する課税があります。
個別株を保有していると、年に2回などの配当を受けることができます。
その配当金に対しては、一般の証券口座では20%の税金がかかるようになっています。
そのため、配当金が1000円だったとしても、実際に受け取れる金額は800円となります。

次に株の税金としては、譲渡益に対する課税があります。
個別株を購入した後に、含み益が出てから売却を行うとキャピタルゲインである譲渡益が出ることになってきます。
この譲渡益に対しても、税率の20%がかかってくることになります。
そのため、個別株を売買して1万円の譲渡益が出た場合は、実際の儲けは8千円となります。

このように配当と譲渡益に対して、税率20%がかかるようになったのは2014年1月からとなってきいます。
それ以前は税率は10%に抑えられていました。
税率が以前の倍である20%になると、個人投資家では株離れが加速する可能性が出ていました。
そこで、政府では2014年1月からは、個人投資家を対象としてNISA制度が設けられています。

NISA口座を開設すると、一定の限度額の証券投資にかかる税金をゼロにすることが可能になってきます。
したがって、個人投資家ではNISA口座を活用すると、株の売買に対する税金をなくすことができます。
しかし、NISA口座では年間120万円までが投資の限度額となっています。
そのため、120万円を超える投資を行う場合には、配当と譲渡益に対して税率20%がかかるようになります。
また、NISA口座での取引では、損益通算ができなくなる点に注意をする必要が出てきます。